財務会計と管理会計の重要性とは?

わかりやすいフォーマットの資金繰り管理システム Gurinosuke

企業会計は主に財務会計と管理会計にわけられます。財務会計も管理会計も会社を経営していくうえでは、とても重要な情報です。しっかり会計処理を行い、会社の成果や課題を把握しておきましょう。ここでは、財務会計と管理会計についてわかりやすくご紹介いたします。財務会計と管理会計の違いについてよくわからない方は、ぜひご参考になさってください。

財務会計について

財務会計について

財務会計とは、企業外部の利害関係者、例えば取引先や株主、投資家、債権者などに向けて、会社の営業成果を開示するための会計のことを言います。

その際には、決算の時に作成される財務諸表をもとにして行われます。

財務諸表には、

  • ・貸借対照表
  • ・損益計算書
  • ・キャッシュフロー計算書

などが含まれます。

財務会計の目的としては、過去の業績を集約し、財務諸表として利害関係者に開示することです。そうすることで、投資家が財務状況を投資判断の一つの材料として扱うことができます。

また、経営者と株主の利害を調整する意味も持ちます。会社の経営は、株主によって経営陣に任され、会社の利益を最大化することを一番として考えるように指示されています。

しかし、経営者によっては自身の利益を優先することがあります。そうならないためにも、財務会計を確認して、正しく経営されているのか確認する必要があるのです。

管理会計について

管理会計について

管理会計とは、外部に向けた財務会計とは違い、会社内部に向けた会計情報のことを言います。

管理会計の目的としては、主に経営者が会社状況の把握として使われ、会社の現状や今後の経営に役立てたり、業績評価や経営者の意思決定にも活用されたりしています。

管理会計で扱うものとしては

  • ・原価計算
  • ・経営分析
  • ・キャッシュフロー分析
  • ・予算管理

などがあります。

管理会計は、会社の現状を把握して、今後どのように経営していけばいいのか計画を立てるうえで、重要な情報となります。

財務会計も管理会計も会社を経営していくうえで必要な情報です。データを収集することで、会社の成果や課題が一目でわかるようになります。

合同会社オンザウェイでは、資金繰り管理や会計処理に便利なツールをクラウド上で提供しています。クラウド上で簡単に資金繰り管理や支払い予定管理ができますので、ぜひご利用ください。

充実した機能を備えながら良心的な料金は、コストを抑えてクラウド上で資金繰り管理を行いたい方におすすめです。

資金繰り管理システム Gurinosuke

資金繰り管理システム Gurinosuke

資金繰り管理システム Gurinosuke(ぐりのすけ)はクラウド上で資金繰り表・支払い予定管理・現預金出納帳作成ができるサービスです。
シンプルで簡単な運用で、簡単に各種資料が作成できます。作成した帳票はWeb上で確認するだけでなく、PDFやエクセルで出力できます。

Gurinosukeはこんな方におすすめです!

  • ・会計処理は税理士に委託しているが支払いの管理は自分で行なっている経営者様
  • ・会計処理は従業員が行なっているが支払いの管理は自分で行なっている経営者様
  • ・資金繰り表の作成に時間をかけず営業に時間を費やしたい経営者様
  • ・資金繰り表を会計ソフトで作成しているが支払い予定はExcelで管理している経理担当者様
  • ・各種のデータを合算して最終的にExcelで資金繰り表を作成している経理担当者様

テンプレートで簡単!資金繰り予定表作成システムならGurinosuke

会社名 合同会社オンザウェイ
運営統括責任者 大澤 真介
住所 〒618-0022 大阪府三島郡島本町桜井1-13-1
メールアドレス
gurinosuke@ontheway-gk.jp
上記アドレスは、迷惑メール対策のため、全角の「@」で表記しております。
お問合わせの際は「@」を半角の「@」に変更してご利用ください。
商品名称 Gurinosuke(ぐりのすけ)
サービスの内容 資金繰り表作成サービス
URL https://www.gurinosuke.com/