預金出納帳は、個人や企業が財務状況を正確に把握し、賢明な財務決定を行うための重要なツールです。

このガイドは、預金出納帳の基本から、その作成、管理、活用方法までを初心者からプロまで幅広くカバーします。

預金出納帳とは何か?

預金出納帳とは何か?

預金出納帳は、金融機関の口座ごとに預金の入金と出金を記録する帳簿です。

具体的には、企業や個人の預金口座におけるお金の出入りを時系列で記載します。

この帳簿は、会計帳簿のうち補助簿にあたり、当座預金の入出金なら「当座預金出納帳」、普通預金なら「普通預金出納帳」と呼ぶこともあります。

企業の預金は、家賃や水道光熱費が引き落とされたり、売掛金が振り込まれたりするなど、日々さまざまなお金の出入り(取引)があります。

預金出納帳は、そのようなお金の流れを正確に記録するために使用されます。

預金出納帳を作成する目的は、事業用の預金口座から出し入れした金額とその残高の推移を確認し、預金の動きを正しく把握することです。

通帳では入出金があった日付や金額はわかりますが、詳細な取引内容までは記載されていません。

預金出納帳を作成することで、お金が「いつ、どこで、なぜ、入ってきた(入ってくる)」のかを可視化でき、お金の流れと残高を適正に管理できます。

預金出納帳の作成方法

預金出納帳の作成方法

預金出納帳は、銀行口座や現金の取引を記録するための重要な文書です。以下に、預金出納帳を作成する手順を示します。

預金出納帳の作成手順

  1. 基本情報の収集:
    取引の日付、金額、説明などの基本情報を収集します。これには、銀行からの取引明細書やATMからの領収書などが含まれます。
  2. エクセルを使用する場合:
    新しいエクセルワークブックを作成します。シートの最初の列に「日付」、「金額」、「説明」などのヘッダーを追加します。取引の詳細を行ごとに入力していきます。
  3. 手書きの場合:
    預金出納帳のテンプレートを印刷または手書きで作成します。各取引の日付、金額、説明を記入します。
  4. 取引の記録:
    銀行口座からの入金、出金、振替、ATM引き出し、チェックの発行など、すべての取引を記録します。取引が発生するたびに、預金出納帳に詳細を追加します。
  5. バランスの計算:
    取引の金額を合計し、残高を計算します。初期残高を設定してから、各取引の金額を足し引きしていきます。
  6. 定期的な確認:
    預金出納帳を定期的に確認し、エラーや不整合がないかを確認します。

預金出納帳の管理と更新

定期的な更新は、預金出納帳を最新の状態に保ち、正確な財務分析を行うために不可欠です。月次または四半期ごとの更新を推奨します。

預金出納帳の更新方法

  1. 通帳を用意する:
    預金出納帳を記帳する前に、通帳を用意します。通帳を見ながら記入するのが一般的です。通帳の記帳をしていない場合は、事前に記帳を済ませておきましょう。
  2. 通帳を見ながら記帳する:
    通帳を見ながら預金出納帳に記載する項目をそれぞれ記入します。日付、科目、摘要、入金額、出金額、残高などを記入します。預金出納帳は複式簿記を用いて記帳しますが、預金の科目は省略して相手科目だけを記載するのが一般的です。
  3. 残高の確認:
    記入が終わったら、預金出納帳の残高と通帳の残高が一致しているか確認します。一致しない場合はミスや漏れがある可能性があります。
  4. 月末に集計する:
    月末の区切りで入金額合計・出金額合計・差引残高の金額を計算して、それぞれ記入します。差引残高と通帳の残高は必ず一致していなければなりません。

預金出納帳に記載すべき項目

預金出納帳には以下の6つの項目を記載します。

  1. 日付:
    預金出納帳は日付順に記載するため、通帳と同じ日付(取引のあった日付)を記載します。日付は仕訳の中でも特に重要です。
  2. 科目:
    入金や出金の内容を表す勘定科目を記載します。例えば、売掛金が振り込まれた場合は「売掛金」、事業用の現金から入金した場合は「現金」などです。
  3. 摘要:
    取引相手や取引内容など、入金または出金の内容を具体的に記入します。詳細な取引内容を記載することで後で確認しやすくなります。
  4. 入金額:
    入金があった場合にその金額を記載します。記入ミスに注意しましょう。
  5. 出金額:
    出金があった場合にその金額を記載します。同様に記入ミスに注意してください。
  6. 残高:
    預金出納帳の最後の行には、その取引日時点での残高を記入します。残高は前日の残高に当日の入金額を足し、出金額を引いた金額です。正確な残高を保持することで、資金の流れを把握できます。

預金出納帳の活用方法

預金出納帳は、予算の策定、投資の決定、税務計画など、さまざまな財務活動に役立ちます。

預金出納帳は、個人や企業の預金の管理に幅広く活用されています。

個人での活用例
家計簿としての利用: 収入と支出を記録し、家計の管理を行います。
貯金計画の追跡: 定期的な貯金の進行状況を記録し、目標達成を目指します。
資産管理: 複数の銀行口座や投資の状況を一覧できます。

企業での活用例
経費管理: 社内の出納状況を記録し、経費の流れを把握します。
予算計画: 予算の使用状況を追跡し、計画通りに進行しているか確認します。
財務報告: 会計年度の終わりに、財務状況を報告するための資料作成に役立てます。

まとめ

このガイドが、預金出納帳の作成と管理に関する知識を深め、財務的な自立を支援する一助となることを願っています。

預金出納帳は、財務の透明性を高め、より良い経済的決断を下すための強力なツールです。正しく活用することで、個人も企業も、財務の健全性を維持し、将来に向けた堅実な計画を立てることができます。

預金出納帳は正確で整理された記録を保つために重要です。

エクセルや専用のソフトウェアを使用して、効率的に管理できるようにしてください。

安定した経営を行うための資金繰り管理ツールならGUULYをお試しください

資金繰り管理のツールを導入しようとお考えなら、合同会社オンザウェイが提供するGUULYをお試しください。

シンプルで使いやすい仕様になっているため、初めて資金繰り表を作成する方にもおすすめです。

資金繰り表以外にも支払予定管理、現預金出納帳作成ができるツールですので、簡単に各種資料の作成を行うことができます。

また、作成した資料はクラウド上でだけでなく、PDFやエクセルでも出力できます。まずは無料プランでお試しいただいた後に、お得な料金でご利用可能なプレミアムプランをお使いください。

無料ユーザー登録はこちらから
クレジットカード情報不要、メールアドレスだけでOKです。
 お問い合わせはこちらから 
1営業日中に担当者からメールで回答させていただきます。

テンプレートで簡単!資金繰り予定表作成システムならGUULY

会社名合同会社オンザウェイ
運営統括責任者代表社員 中小企業診断士 大澤真介
住所〒618-0022 大阪府三島郡島本町桜井1-13-1
メールアドレスguuly@ontheway-gk.jp
上記アドレスは、迷惑メール対策のため、全角の「@」で表記しております。
お問合わせの際は「@」を半角の「@」に変更してご利用ください。
サービス名称GUULY(旧サービス名:Gurinosuke)
サービスの内容資金繰り管理・資金繰り表作成ツール
サービスのURLhttps://www.gurinosuke.com