かんたん資金繰り表作成サービスGurinosukeの機能を紹介します。

機能紹介

わかりやすいフォーマットの資金繰り管理システム Gurinosuke

「現預金マスタ」「資金繰りマスタ」の基本的な使い方


Gurinosukeでは、お客様独自に現預金マスタ・資金繰りマスタを作成することができます。
作成されたマスタは入出金予定表、現預金出納帳、資金繰り表などの各種帳票に反映されます。
※この機能はプレミアムプランご利用のユーザー様のみご利用いただけます。

1. 「現預金マスタ」の使い方

サイドメニューの「マスタ管理」から「現預金残高マスタ」へ進みます。

初期状態では、

  • 現金:指定なし
  • 普通預金:指定なし
  • 当座預金:指定なし

の3科目が準備されています。

※各科目の補助科目「指定なし」は、削除できません。

Gurinosukeでは、現預金マスタについて、「現金」「普通預金」「当座預金」を現預金科目(編集不可)、詳細の部分(作成可能)を補助科目として扱います。

「現預金科目を作成する」をクリックして、独自に補助科目を作成することができます。

新たに登録された補助科目は削除することができます。

※現預金科目が削除された場合、その科目に紐づいていた残高、伝票は各現預金科目の補助科目「指定なし」に紐づけられます。

追加された補助科目名、開始残高、メモの内容を「編集」より変更できます。

サイドメニューの「マスタ管理」から「現預金残高マスタ」へ進みます。
初期状態では、現金:指定なし、普通預金:指定なし、当座預金:指定なしの3科目が準備されています。
「現預金科目を作成する」をクリックして、独自に補助科目を作成することができます。
新たに登録された補助科目は削除することができます。
追加された補助科目名、開始残高、メモの内容を「編集」より変更できます。

2. 「資金繰りマスタ」の使い方

資金繰りマスタは初期状態で、17補助科目が準備されています。
この初期科目は、科目名の編集や削除が可能です。

各資金繰り科目には、それぞれ「指定なし」の補助科目がありますが、この画面には表示されず編集・削除することはできません。

※注意
削除された資金繰りマスタに紐づいていた伝票は、各資金繰り科目の「指定なし」に振替えされます。

「資金繰り科目を作成する」をクリックすることでウインドウが開きます。

資金繰りマスタは、補助科目名・メモの内容を「編集」より修正することができます。

Gurinosukeでは、資金繰りマスタについて、「経常収入」「経常支出」「経常外収入」「経常外支出」「財務収入」「財務支出」を資金繰り科目(編集不可)、詳細の部分(作成・編集可能)を資金繰り補助科目として扱います。

資金繰りマスタは初期状態で、17補助科目が準備されています。
「資金繰り科目を作成する」をクリックすることでウインドウが開きます。
資金繰りマスタは、補助科目名・メモの内容を「編集」より修正することができます。

資金繰り管理システム Gurinosuke

資金繰り管理システム Gurinosuke

資金繰り管理システム Gurinosuke(ぐりのすけ)はクラウド上で資金繰り表・支払い予定管理・現預金出納帳作成ができるサービスです。
シンプルで簡単な運用で、簡単に各種資料が作成できます。作成した帳票はWeb上で確認するだけでなく、PDFやエクセルで出力できます。

Gurinosukeはこんな方におすすめです!

  • ・会計処理は税理士に委託しているが支払いの管理は自分で行なっている経営者様
  • ・会計処理は従業員が行なっているが支払いの管理は自分で行なっている経営者様
  • ・資金繰り表の作成に時間をかけず営業に時間を費やしたい経営者様
  • ・資金繰り表を会計ソフトで作成しているが支払い予定はExcelで管理している経理担当者様
  • ・各種のデータを合算して最終的にExcelで資金繰り表を作成している経理担当者様